フライトエリア全体

TOが3か所、LDが数か所あります。
メインLD,東LDは砂浜ですので潮の干満により広さが変化します、満潮の場合は十分注意してください。
(それでも100mはありますのでNPであれば問題ないはずです)

また干潮時には山裾全体の海岸線に砂浜が出てきます、万一の緊急時には石などに十分注意してランディングしてください。

テイクオフ

  • メインTO:220m(南西向き、下段の西向きあり)
    4m以下の時はパークセンター横のメインTOを使用します。
    西風成分が強い場合や4m以上の場合は下段の西向きTOを使用してください。
    ※強い時にメインTOから出ると煽られてスタチンや山沈するケースが多いです。
  • 東TO:150m(東風の時)
    渋川方面へ歩いて10分、狭いです。
    ソアリングは出来ますが範囲は狭いです。
    西風の予定が外れて東風になったけど飛びたい場合に使用します。
    すぐ下は東LDですのでぶっ飛びでも大丈夫です。

ランディング

渋川海岸LD(渋川海水浴場)

主にランディングとして使用している横700mの広大な砂浜です。
行政に海岸利用申請を出していますので出来るだけ指定場所へ降りてください。
ただし安全第一で無理は禁物、届かない場合は手前に降りてください。
指定場所は吹き流しと三角コーンで範囲指定します。
(通常は東半分に設定しますが他のスポーツや行事との兼ね合いで移動します)
中央部でビーチサッカー、テニスなどビーチスポーツを行っている場合があります、使用している場合は球技優先場所の近くに降りたり低空で通過しないように注意してください。
ほかに、観光客、特に子供には十分に注意してください。

■強風時には
砂浜上空で風が強くなっています、6m/s以上(渋川に向かっているときに50km/h~出るとき)を感じた場合は必ず海上で十分に高度を落として砂浜にアプローチしてください。
高いままで砂浜上空へ入ると後ろに流されてホテルや建物のローターに巻き込まれます。

メインLD

メインTOの下の砂浜です。
満潮の時は100mx15m、干潮の時は300m以上x30mほどに変化します。
ソアリング出来ないコンディションの時に仕方なく降りる感じです。
終日ソアリングが望めない感じの時は、渋川でなくここの駐車場に車を置いておきます。
渋川海岸LDが夏の海水浴シーズンやイベントで使用できない時にも使用します。